[40w1d~2d] 陣痛~出産までのこと
a0083627_038623.jpg

8月15日。
朝から10分間隔だった陣痛は結局22時頃まで続いた。
微弱な陣痛でほとんど痛くなく、おそらくちょっと辛い生理痛程度のもの(生理痛がほとんどない人なので、辛い生理痛というものがよく分からないのだけど・・・)。

22時過ぎ。
6~7分間隔に縮まってきた。
10分間隔より短くなったら病院へ電話することになっていたので、そろそろ・・・と、思いながらも、動けるうちは家で自由にしていたかったので、まだ動かず。
出産経験者の友人に「陣痛ってこんなものなの??」なんてメールのやりとりをして過ごす。

日付が変わって8月16日0時過ぎ。
いよいよ病院に入院。早速、陣痛室に通される。
例のNSTを付けられ、陣痛の進み具合をチェック。
それまでよりも痛みが強く感じられ、仰向けで大人しく寝ているのがちょっと辛い。でもまだ、看護士さんと冷静に会話できる。
子宮口の開きは、まだ1cm。初産の場合、1時間に1cmずつくらい開くそう。
10cmで全開だから、朝の10時頃には分娩室に通されて、うまくいけばお昼頃には我が子と対面できる・・・などと想像してみる。

夜中~朝方にかけて、痛みが増してきた。
何度も寝返りを打って痛みを逃そうとするけれど、どの向きになっても辛い。起きていた方がまだ楽。深く深呼吸して痛みを逃す。
あまりの痛さに2度嘔吐。2度目の嘔吐の時、破水した。
それからは気分が悪くて、食事は食べられず、水分も少しずつしか飲めなかった。

10時。
陣痛が辛いなか、内診。さらに辛い。
子宮口は7cmまで開いている。あと3時間くらいがんばれば・・・とちょっと気が楽になる。
気を紛らわそうと、助産士さんがいろいろと話しかけてくれる。正直言ってそれどころではなく、受け答えする声も弱々しい。

13時。
ようやく次の内診。この3時間は長かった。
そろそろ全開?!と期待するも、9cm。惜しい・・・。
早く楽になりたくて、思わず「まだ分娩室には行けないんですか?」と聞いてみる。
「9cmまで開くともっと陣痛が強いはずなんだけど、まだ弱いからもう少し様子を見ましょう。」とのこと。がっくり・・・。
ちなみにここまで陣痛が進むと、普通に会話ができないくらいわめく人もいるのだとか。それに比べると私はまだ普通に話せているらしい。
・・・うーん、そうでもないんですけど。

15時頃。
家族が少しの間、立ち寄ってくれた。
ちょうど陣痛の波がおさまっている時で、しばらく冷静に話をしていたけれど、それも束の間。また波が押し寄せてきた。こうなると深呼吸するだけで精一杯。

16時。
やっと、全開!
「分娩室に行きましょう。」と助産士さん。
待ってましたと言わんばかりに、弱りながらも目を輝かせる。

16時15分頃。
いよいよ分娩台の上でいきみはじめる。
「いきみたかったら、いきんでいいよ。」と助産士さんに言われたけれど”いきみたい時”というのがいまいち分からない。
「いきみたい時って、自分で分かるんですよねぇ。」などと、間抜けな質問をする私。
とりあえず、陣痛の波が来たらいきめばいいみたいなので、波を待つ。
来た!と思って、いきむもののタイミングが合わず。
いきむと、それまでの陣痛よりも数倍痛い。
なんだか、陣痛室にいた時よりも陣痛が遠のいているような・・・。いきんだ時の痛みを知ってしまい、無意識に痛みを逃していたのかもしれない。

17時。
そうこうしているうちに、別の助産士さんに交代。日勤は、きっかり17時で上がるのね・・・。
結局1時間近く、うまくいきめず、仰向けから横向きにスタイルを変えてチャレンジ。
この方がいきみやすい。やっと”いきむ”ことに慣れてきた。
助産士さんに手伝ってもらいながら、何度かいきむと、何かが降りてきて挟まっている感じがしてきた。
もうすぐ発露*というところで、先生がスタンバイ。また仰向けに。やっぱりいきみづらい。
自分では長く息を止めていきんでいるつもりなのだけど、「もっと長くいきんで。」と言われる。
「もう、無理~。」と思いながらもがんばっていきむ。そのうち苦しくてうまく呼吸ができなくなる。
「もう髪の毛が見えてるよ。赤ちゃんが苦しがってるからゆっくり深呼吸して。」と言われ、忘れかけていた「苦しいのは自分だけではない」ということを思い出す。
息を整えて、今までよりもなるべく長くいきんでみる。
「次で赤ちゃん出てくるからがんばって!」
本当に次のいきみで出てくるのか半信半疑ながらも、とにかく長めにいきむ→失敗→もう1度最後の力を振り絞っていきむ・・・

18時13分。
次の瞬間、ヌルッと生温かいものが出てきた。
「出てきましたよ!」という助産士さんの声と共に抱き上げられた娘は、苦痛に顔を歪めていた。
あまりにも苦しそうな顔をしていたので、開口一番「あら、苦しそう。」と言ってしまった。
「よくがんばったね。」とか「ありがとう。」という言葉をかけてあげるつもりでいたのに・・・。
初めてかけてあげる言葉としてはいかがなものか。

何分か前までの痛みが嘘のよう。おなかも随分軽い。
この時点ですでに冷静さを取り戻していた私。
「胎盤が出まーす。」の助産士さんの声に普通に「はーい。」と答える。
胎盤が出ると、さらにおなかが軽くなったのが実感できた。

私の処置の後、コットに入れられた娘とじっくりとご対面。
まだ眉間にシワを寄せて、苦しそうな顔をしている。
私がうまくいきめなかったばかりに、申し訳ないなと思いながら、じっと見つめてみた。
まだ光しか認識できない彼女の方もじっとこちらを見ている。
さっきまで私のおなかの中にいたのかと思うと信じられない。

それにしても、実際に産んでみると、それまでの辛さがまるでなかったかのように忘れてしまうから不思議。
まさに、案ずるより産むが易し。
早速、明日から彼女との生活が始まる。

続きはこちら>>

*発露(はつろ)
赤ちゃんの頭が出口から見える状態。
[PR]
by kangaroo_nissi | 2006-08-29 00:39 | 11ヶ月~(40週~)
出産報告 >>


1度の稽留流産を経て授かった2人目のbaby。そのマタニティライフの記録。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
LINK
+ par-ci par-lax +
私が運営するメインサイト

punana
ハンドメイドの雑貨の制作・販売

nancy
ハンドメイドの布小物の制作・販売

moppy
nancyのこどもブランド

dune
ベビーチェアの制作・販売

くろうさぎ
2006年2月にママになられた、まあさんのHP
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧